わきがが気になる時はどうしたらよいのか?

もしかしたらわきが?

思春期などにありがちなことですが、自分の体臭がどうも気になって仕方がないということがあります。その中でも深刻なのがわきがでしょう。例えば、一定以上自分に近づいてきた人が、不意に鼻に手をやったりすればもう大変です。ひょっとして私が臭いからなのではないだろうか?もしかしたら私はわきがかもしれない・・。そんな風にどんどん思考は悪い方へと進んでしまうことがあります。誰にも相談できずに自分だけで悩みを抱え込んでしまうことになり兼ねません。

わきがかもと思ったら

このような場合、一番良くないのは一人で抱え込んでしまって精神的なストレスを溜めてしまうことではないでしょうか。でも、思春期の、それも女の子となれば無理もありません。「私ってクサイ?」そんな質問などできるはずもないでしょう。もしもやっとの思いで聞けたところで、この人は自分に気を使って本当のことを言っていないだけではないのか、そんな風に勘ぐってしまうこともあるのです。そんな時は、体を清潔にして、ニオイの元になるものは食べないようにしてみると良いですよ。

それでも気になる場合には

それでも尚、自分のニオイが臭いのではと気になる場合は、思い切って病院に行くのがおすすめです。とにかく一番良くないのが自分で抱え込んでストレスを溜めこんでしまうことなのです。病院では、わきがの原因である汗腺の数について検査をしてくれます。そして、たいていの場合は自分の気にしすぎによる勘違いで診察は終了になるといわれています。万が一、汗腺の数に問題があっても専門の先生が適切に処置してくれるので安心ですよ。

アポクリンという汗によってわきから悪臭がすることをわきがといいますが、食べ物や喫煙がその原因になっている場合もあります。

Post Author: admin