副作用はないの?ボトックスは治療する医師の実力が必要

腕の良い医師選びが成功に導く

医薬品には利益も在れば、不利益もあります。しかし、副作用だけを考えてしまうと、大したことのない医薬品を使う事が恐怖となる事もあります。ボトックスは使用方法および使用料を正確に行うのであれば、怖い治療方法ではないのです。ボトックスの副作用が起きないと言う事はありませんが、ボトックス治療においての失敗を心配することが大切で、ボトックスを利用して美容整形等を行う場合には腕の良い医師を選ぶ、治療実績を多く持つ医師を選ぶことがポイントだと言う事ですね。

保険適応のボトックスもあるのです

美容整形の分野で利用されているボトックスは保険適応外となりますが、ボトックスは保険適応品と美容目的で利用する保険適応外のボトックスがあると言います。治療を目的としたボトックスの使用例としては、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸、重度の原発性腋窩多汗症と言った治療を行う時のボトックスは保険適応になるそうです。これに対して、症状ジワやほうれい線を目立たなくすると言う美容を目的としているボトックスは保険適応外と言う事ですね。

厚生労働省が認可している部位とは?

ボトックスはシワを目立たなくするための美容施術で利用される事が多いのですが、筋肉を緩める、筋肉の動きを止める作用があることからボトックスが有効だと言われているのです。因みに、ボトックスは厚生労働省が承認をしている医薬品ですが、厚生労働省が承認しているのは眉間のシワを目立たなくする目的で利用する場合のみだと言います。これは逆に言えば、腕の良い医師に施術をして貰う事で安心して表情ジワを目立たなくし、若返り効果を得られると言うメリットにも繋がるわけですね。

ボトックスの施術は、短期間のうちに効果が現れ始めることがあり、何よりも肌へのダメージが少ないことが人気の理由です。

Post Author: admin