目元だけじゃない!鼻筋の美容整形術の種類

隆鼻術「ヒアルロン酸注入法」

鼻の美容整形というと、鼻筋をすっきりとしたい・鼻をもっと高くしたいといった要望をお持ちの方が多いです。その中でもヒアルロン酸注入法は、鼻筋部分に注入することで簡単に鼻を高くすることができる方法になります。鼻に人工物を入れたり切開することに抵抗がある方に選ばれている方法になります。注射器を用いる方法なので、傷跡などがほとんどなくダウンタイムもないことが特徴です。しかし、ヒアルロン酸は時間の経過と共に体内に吸収されてしまうので、定期的に施術を受ける必要があります。

レディエッセ挿入法で鼻を高くする

レディエッセを使った鼻を高くする手術は、人の歯の成分である「ハイドロキシアパタイト」と呼ばれる成分をジェル状にし、それを鼻に入れていくことで鼻を高くすることができる方法になります。ヒアルロン酸よりも効果が長続きすることが特徴で、ヒアルロン酸の効果が約半年ほどに対して、レディエッセの場合は2年近く効果が続きます。元々、人と同じ歯の成分で作られているのでアレルギーや拒否反応などの心配はほとんどないところもメリットとして挙げられます。

ゴアテックス挿入法による手術

鼻を高くする手術には、様々な種類の素材を使うことが可能です。ゴアテックスは、シリコンプロテーゼよりも柔らかいことが特徴で、鼻先や眉間などのカーブにも柔軟に対応できるところがメリットです。なお、この手術は鼻の穴から切開をするので、顔の外側からは手術跡が見えないことも特徴として挙げられます。高さも患者の希望に併せて自由に調節できるので、ほんの少しだけ鼻筋を整える場合でも外国人のように眉間から鼻筋を高くしたい方にも適用できます。

フォトフェイシャルのポイントを理解するうえで、数々のクリニックに導入されている美容法の良しあしを見極めることがコツです。

Post Author: admin